ワキガの原因と対策を考えましょう

1、ワキガの原因

 

まずはワキガの原因を説明いたします。

 

ワキガの原因は、皮膚から分泌されている「汗」です。

 

ワキガの原因となる汗を分泌するしているのは、皮膚表面に存在する「汗腺類」と呼ばれている器官です。
汗腺類は「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の二つに分けられており、汗を分泌する条件やその役割や原因は大きく異なり、エクリン汗腺と、アポクリン汗腺から分泌される汗も性質が違います。ワキガの原因は汗の性質と大きく関わってきます。

 

エクリン汗腺は、皮膚の表面の様々な場所に広く存在しており、特に足の裏と手のひらに多く存在します。
エクリン汗腺から分泌される汗の成分は、大半が水分(約99%)となり、ほぼ無臭です。暑さが原因で汗を分泌し、体温を調整することにあります。
このエクリン汗腺から分泌される汗の量が多いのが「多汗症」です。直接的なワキガの原因にはなりません。

 

ワキガの原因となるのは、アポクリン汗腺です。
こちらは存在する範囲も限られ、腋の下、陰部、乳首周辺、へそ周辺、耳の中の実に存在します。
その中でも、腋の下に最も多く存在し、その活動は加齢を原因に思春期の頃に活発になってきます。
アポクリン汗腺は毛根と合流しており、最終的に汗は毛穴から分泌されます。

 

アポクリン汗腺から出る汗には脂肪、タンパク質等の有機物を豊富に含んでいます、これらを皮膚に存在している細菌が分解することが強い臭いの原因です。つまり「ワキガ臭」の原因です。
アポクリン汗腺から分泌される「アポクリン汗」には蛍光物質と色素を含有していますので、ワキガの直接的な原因にはなりませんが、衣服の黄ばみの原因となってしまうのも問題です。

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺の役目は、現在詳しくは解明されていません、性的興奮を原因に活動が活発になることから、フェロモン器官の名残だという説があります。

 

ワキガはアポクリン汗腺が多く、広い範囲に存在し、活発に活動していることが原因で発生する状態と言えます。

 

 

ワキガ臭の原因となる器官は、汗腺類以外にもあります。
「皮脂腺」はアポクリン汗腺のように毛根と合流しており、最終的に毛穴から脂肪分を多く含んだ分泌物を出します。これには皮膚や毛髪にうるおいを与える、両者の健康のためにはなくてはならない存在です。しかし、その脂肪分を食糧にすることを原因に細菌が発生し、その細菌はアポクリン汗を分解し、それはワキガ臭発生の原因となります。

 

2、ワキガの対策

 

ワキガ対策はワキガのにおい自体を隠す、細菌の発生を抑える、汗の分泌を抑える、ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺の活動を抑えるもしくは汗腺自体の除去等が考えられます。

 

香水を使用する
臭いで臭いを隠すのは、古来より行われてきた臭い対策です。
軽度の体臭でしたら、香水を使って対策することはできます。しかし強い臭いを消そうと強い香水を使った場合、それは対策としては逆効果になってしまいます。ましてや強いワキガ臭への対策として、強い香水を使ってしまうと相乗効果でより強い悪臭になってしまう場合が多いようです。

 

○食事療法により体質を変え臭いの軽減を軽減する
ワキガは体質に左右されることも多く、その臭いも食事により強まったり弱まったりすると言われています。
動物性の脂肪と不飽和脂肪酸を多く含む食品を抑えるのがワキガ臭への対策となります。
肉食中心の欧米人にワキガが多く、菜食中心だった日本人にワキガが少ないのはこれが対策になっていると考えられています。ワキガへの対策は、食生活を穀物と魚介類中心の日本伝統の食事にし、肉類の摂取を抑えるのが良いでしょう。しかし、食事による体質改善での対策は効果が出るまでに時間がかかりますし、その効果も確実に保証されるものではありません。

 

局所を清潔に保ち細菌の発生を抑える

 

脱毛でワキガの原因となる皮膚表面の細菌を取り除く対策です。
軽い症状であれば対策として効果は期待できますが、汗と臭いを根本的に解決するものでは無いです。

 

薬用せっけんで綺麗に汗を洗い流し、清潔に保つ対策はかなりの効果が見込めます。
しかし、その対策の効果は数時間程度ですので、汗ばむ季節ですと一日に何度もシャワーを使う必要がありますので、外出先ではなかなか難しいのであまり現実的なワキガ対策ではないかもしれません。

 

せっけんで洗う代わりに、生理食塩水でふくという対策もあります。
黄色ブドウ球菌等の常在菌は、この対策で除菌効果が見込めます。
しかし、こちらの対策も効果は数時間程度、手間もそれなりにかかりますし、せっけんで洗うのと違ってワキガの強い臭いに対してはおあまり効果が見込めないのも欠点です。

 

外科治療を行う

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺を直接除去する対策です。
対策としての効果は確実ですが、アポクリン汗腺はその役目が完全に解明されていない器官ですので、除去してしまうのは不安があります。
この対策はかなり高額な手術代がかかりますし、保険も効きません、高いお金を出して手術しても、過去には後遺症や再発の例もあります。