石鹸ケアや食生活の修正で軽度な臭いが改善できる

ワキガにはニオイのレベルに個人差があります。部屋に入っただけで誰でも気づくレベルならまだしも、ケア済みならワキに鼻を近づけても気づかれないレベルの臭いであれば、わざわざ手術を選ぶ必要はありません。

 

ここでは、臭いレベルが低いワキガの基本的な対策についてご紹介します。誰でもすぐにできる方法なので、まずはここから対策を始めてみるのがよいでしょう。

 

日常生活の改善

軽度のワキガであれば、日常生活改善程度でも十分な効果があります。

 

まず重要なのは、ワキの下を清潔に保つことです。たとえどんなに疲れていても、必ず寝る前にシャワーを浴びてわきの下をきれいにすることが重要です。

 

さらに、普段身に着ける下着やシャツなどもこまめに洗濯し、清潔に保ちます。これは臭いケアにもなりますし、黄ばみ対策にもなるので必ず実施しましょう。

 

あとは食生活の改善も大切です。ワキガの臭いは肉食中心の食生活によって悪化することがわかっています。なので、肉や乳製品を食べる量を減らし、野菜・魚介類中心の食生活に切り替えることが臭い改善につながるのです。もし自分がワキガで、子どものワキガが悪くなることが心配な場合も、小さいうちから食生活を正しておけば、成長してから臭いが悪くなるのを抑えることができます。

 

>>食べ物の関係|食事で改善する臭いもある

 

改善効果の高い石鹸やその使い方

ワキガの臭いはアポクリン腺の汗とワキの常在菌が合わさることで生まれます。つまり、手術をしてアポクリン腺を取ることで臭い対策は可能ですが、逆に常在菌を減らすことでも臭いの軽減は可能なのです。

 

ワキの常在菌対策では、逆性石鹸を使うのをオススメします。逆性石鹸は「陽イオン界面活性剤」のことで、プラスイオンを持つ石鹸のことです。

 

通常石鹸はマイナスイオン(陰イオン・アニオン)を持ち、洗浄効果を発揮します。一方、逆性石鹸はプラスイオンを持つため、洗浄効果はありません。そのかわり、強い殺菌機能を持ち、ワキの下に使用した場合はワキの常在菌を減らすことができるのです。洗浄効果がないので、まずは普通の石鹸で汚れを落として、そのあとに逆性石鹸でワキの下だけ洗うことになります。

 

殺菌効果という意味では、アルコールを使うのでもいいでしょう。アルコールにも殺菌作用があるので、普通のせっけんで洗ってしっかり乾かしたワキに、アルコールをつけることで臭い軽減が可能です。

 

また、ワキを逆性石鹸やアルコールでケアするのは朝・夜の2回がよいでしょう。ケアが朝だけだと、夜にケアしないことによって寝ている間に臭いが蓄積し、昼間の外出中に強い臭いが出てしまうかもしれません。なので、夜も合わせてケアすることで効果を高めておくのです。

 

逆性石鹸やアルコールの使用上の注意

逆性石鹸やアルコールには殺菌効果がありますが、あわせて皮脂を一緒に落としてしまうことになります。皮脂には皮膚のうるおいを保つ効果があるので、ワキが乾燥肌になってしまう場合があります。また、香料入りの石鹸の場合、それが原因でかぶれることもあります。

 

アルコールも、体質が合わずに赤くなってしまうことがあります。そういう場合は、アルコールをワキに使わないだけでなく、アルコール性のデオドラント剤なども使用できないので、ノンアルコールのものを利用する必要があります。

 

なんにしても、もし万が一逆性石鹸やアルコールでなんらかの異常が出たときは、すぐに使用をやめて医師に相談しましょう。


関連ページ

デオドラントによる対策|制汗剤のタイプを使い分ける
ワキガ対策で一番に思いつくのが、制汗剤などのデオドラント製品を使う方法です。市販されている制汗剤を使ってワキガ対策をするのはよいのですが、sプレータイプやミストタイプなどさまざまな種類があるので、適切に使い分けることが重要です。