汗っかきはワキガになりやすいですか?

汗っかきの人がかく汗というのは、基本的には「エクリン腺」の汗となります。エクリン腺は99%水分からなっており、無臭なので、汗っかきだからといってワキガ臭がするわけではありません。

 

なので、ワキ汗をダラダラかいて、シャツの脇のところを濡らしているからといって、ワキガとは限りません。ワキガ臭の元になるアポクリン腺の汗は、少量でも強いニオイの素になるので、むしろあまりワキ汗をかいていないように見える人のほうが案外ワキガ臭が強かったりするのです。

 

とはいえ、汗っかきだからといって無臭なわけではありません。先ほど書いた通り、エクリン腺の汗は99%が水分ですが、体の皮膚がエクリン腺の汗で濡れた状態だと皮膚上の細菌を繁殖させ、いわゆる「汗臭い」状態を生み出してしまうことがあります。エクリン腺の汗が汗臭を出すのは、汗をかいてから1~2時間だと言われています。なので、汗をかいた瞬間は臭くないのですが、しばらくしてだんだん汗臭くなってくることになります。

 

また、ワキガの人が汗っかきの場合、エクリン腺の汗がアポクリン腺の汗を広範囲に広げてしまい、キツいワキガ臭をまき散らしてしまうことがあります。

 

いずれにせよ、汗っかきという事実だけでワキガと言うことはありません。あくまでワキガ臭はアポクリン腺の汗が原因なのです。なので、汗っかきだからといってワキガを心配する必要は全くありません。

 

もちろん、常に汗臭いのもエチケット上問題があるので、定期的にお風呂やシャワーで体を洗い、エクリン腺の汗を流して清潔に保つことが重要となるでしょう。


関連ページ

水分補給は控えたほうがいいですか?
ワキガの原因は汗なので、水分を控えたほうがいいと考える人が多いです。しかし、実際には大間違いです。水分を控えるとどんな危険があるのかをご紹介します。
誰かに伝染することはあるの?
ワキガは伝染するというウワサを聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、それは単なる都市伝説であり、真実ではありません。